細菌などの破砕、乳化や分散に!
使いやすいコンポーネントも充実したTOMYの超音波発生機シリーズ。

かつてない使い心地

コンバータースタンド

製品の詳細はこちら

超音波発生機(超音波ホモジナイザー)動画

製品の特長

主な用途

  • 細胞、バクテリア、組織の破砕
  • リボソームの調整
  • 放線菌、菌糸の切断
  • 化学反応の促進
  • 組織片の破砕による特殊成分の抽出
  • 試料の乳化、分散(水ー油、水ー銀等の混合)
    動画を見る

高品位設計をあくまで追求。効率的なエネルギー変換

高いエネルギー変換効率により、コンバーターの発熱はほとんどありません。発熱は超音波の発振効果を妨げるばかりでなくサンプルにも悪影響を与えますが、本機はロスを最小限におさえた独自の回路設計、構造設計によって発熱を極限までおさえています。

数々の新機構を満載。操作性重視の高性能機

パワーメーター

発振出力を表示するパワーメーターを装備、処理目的に応じて出力を設定できます。

フラッシュスイッチ

ごく短時間の処理を行う際に便利なフラッシュスイッチを搭載しています。フラッシュスイッチを押している間のみ超音波が発振します。

コントロール端子

ワイヤードリモートコントロールを可能とする端子を装備しました。オプションのフットスイッチもこの端子に接続します。
フットスイッチによって足元で超音波の発振・停止がコントロールでき効率は飛躍的に向上します。

インターバルタイマー

1秒間に1回発振するタイマーを内蔵。1秒間の発振時間の割合は「DUTY」ツマミにより10~90%の範囲で設定可能です。断続的な音波の発振によってサンプルの温度上昇を抑えます。

タイマー

ツマミを操作パネル面の数値(時間)に合わせるだけで、設定と同時に発振開始となります。設定時間範囲は0~30分、また30分以上使用する場合は「FREE」設定により連続発振となります。

豊富なチップバリエーション。耐食性合金使用・オートクレーブ可能

構成図

1標準チップ / TP-012

処理量 10~500ml

15,000円

動画を見る

チップ先端直径はφ14.5mm、広範囲にわたって汎用性の高い超音波処理が可能です。標準チップTP-012は高品質コバルト合金を採用、耐食性に強く大容量のサンプルや連続的長時間処理をするのに適しています。

2微量チップ / TP-040

処理量 1~30ml

93,000円

動画を見る

微量のサンプルを処理する場合に使用します。
先端直径はφ3.2mm、ホーンとチップの接続部はφ14.5mmと先端部にかけて細くなっているため、出力が一点に集約され密度の濃い超音波処理が可能です。

オプション

3超微量チップ / TP-030

処理量 0.25~10ml

99,000円

先端はφ3.5×60mmと細長いため、細い試験管に入った微量のサンプルでも簡単に処理することができます。

オプション

5フットスイッチ / SW-201

18,000円

オプション

4カップホーン / CH-063

297,000円

動画を見る

チップをサンプルに浸すことなく処理ができるカップホーン。コンタミネーションを極端にきらう処理の為に開発しました。超音波の振動は水を媒体としてサンプル容器の外側から伝達されます。カップホーン内にサンプル容器を入れるだけで簡単に非接触処理を行うことができます。さらに媒体の水を流水することで、サンプルを効果的に冷却できます。また、通常のチップでは飛散の恐れがあるごく少量のサンプルなどにも有効です。
カップホーンを取り付けたコンバーターは天地逆向きにしてコンバータースタンドにセット、使用します。尚、カップホーンのオートクレーブ処理はできません。

製品デモ承ります。

当社デモルールでは、製品をご購入いただく前に実際にご確認いただけるデモ機をご用意しております。
詳しくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォーム

製品の特長

主な用途

  • 大腸菌、バクテリア、動植物組織の破砕
  • 乳製品や食品等の乳化(エマルジョン作製)
  • 化学反応の促進
  • ナノ粒子、マイクロ粒子の分散、拡散、均質化
  • 塗料等の脱泡
  • 細胞からの有用物質の抽出

コンパクト・軽量ボディ。
低発熱かつ強力破砕で微量から大量サンプルまで対応可能。

周波数自動追尾機能

運転スタート時を含め定期的な周波数サーチを行い、負荷がかわっても、常に安定した発振が得られます。 また、チップの磨耗や経年変化にも対応し、調整範囲を外れた場合はエラー表示します。

定振幅制御機能

チップ先端の状態をセンシングすることにより、負荷変動があっても常に一定の振幅を保つように自動的に出力を調整します。
したがって、サンプルの状態に左右されることなく安定した発振が得られます。

デジタル表示と設定

見易い表示と優れたインターフェイスの採用により、サンプルやアプリケーションに合わせて出力を20~99(%)まで80段階で調整可能です。また、メモリー機能により一度設定した設定値は電源を切っても記憶され、再現性の良い超音波発振を実現します。

間欠タイマー運転

熱に弱いサンプルの処理に適した間欠タイマーを装備。
ON時間とOFF時間をそれぞれ0.5秒~5分間で設定することが可能です。

  • 発振部は手持ち/据え置きのどちらでも使用できます。
  • 無駄な発熱のない高効率なシステムは、熱によるサンプルの変性を抑えます。

オプション

標準チップ/TP-160

先端直径 Φ6mm

75,000円

超微量チップ/TP-120

先端直径 Φ2mm

80,000円

フットスイッチ/SW-100

フットスイッチを併用する事で足元でON/OFFできます。

10,000円

製品の特長

少量の試料破砕に

最大出力10W、チップ先端φ2.5mm。通常の超音波発生機では飛び散ってしまう微量試料の破砕に最適です。

カンタン操作

設定は出力調整のみの簡単操作。ハンディタイプなので手軽に破砕処理を行うことができます。

軽量&コンパクト

小型軽量で持ち運びらくらく。
使用後の片付けも容易です。

ゴム製ホルダー

卓上でのプローブの転がり防止、または物との接触を防ぐゴム製の専用ホルダーを付属しています。

カタログPDFをご覧ください。

※ この書類はPDFです。 ※ Adobe Reader等、PDFを表示するソフトウェアが必要です。
※ お持ちでない場合は、ここをクリックしますと最新のAdobe Readerをダウンロードできます。

その他のコンテンツ