インフォメーション

「MXシリーズ」不具合のお詫びと改修のお願い

  • すべて
  • 製品情報
  • お知らせ
  • イベントキャンペーン

インフォメーション一覧

よくあるご質問

Q1製品を導入する前に実機で検証することは可能ですか?

弊社にてデモ機を用意しております。サンプルを送付いただきお客様立会いのもと、またはお預りして実機にて検証を行い、結果をご確認いただけます。

【主なデモ機】
・高速冷却遠心機...大容量ローターや連続ローターによる抽出サンプルの確認
・レトルト殺菌試験機...サンプルの状態や品質などを確認(窒素ガス充填食品対応可能)
・洗浄器(器具用)...汚れ落ちや操作性の確認

その他、超音波発生機・ビーズ式細胞破砕装置なども用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

実施場所:赤塚事業所(東京都板橋区:写真)/大阪支店

demoroom.jpg

p01-02.gif

Q22020.01【更新】 製造終了製品に関する修理及び精密保守点検お取扱いのご案内

201212 info_button.jpg

こちらよりご覧くださいませ。

Q3製品に使用している冷凍機の出力と冷媒(フロン)の種類と充填量を教えてください。

こちらよりリストをご覧ください。(2019年2月更新)
リストに記載されていない機種につきましては、お問い合わせください。

Q4遠心機・オートクレーブ 「定期自主検査票」書式

遠心機や小型圧力容器に該当するオートクレーブは、厚生労働省の法令や規則により年1回の定期自主検査を実施することと、その記録を3年間保存することが定められています。
下記、遠心機・オートクレーブ用の検査票書式(※)をプリントアウトしていだき、定期自主検査にご活用ください。

遠心機自主検査票

オートクレーブ自主検査票
・FLS-1000専用自主検査票
・LSX/SXシリーズ/BSX-500専用自主検査票
・LBS/ESシリーズ専用自主検査票

※弊社製品を対象とした書式となります。

忘れがちな定期自主検査の時期をメールでお知らせする「点検時期お知らせサービス」をご利用ください。

info_banner.jpg

点検時期お知らせサービスはこちら

 

Q5オートクレーブのメディカル用とラボ用はどう違うのですか?

メディカル用オートクレーブ

メディカル用と表記しているオートクレーブは「管理医療機器(クラスⅡ)」に該当し、さらに「特定保守管理医療機器」にあたります。
販売するには、医薬品医療機器等法(※)に基づく「高度管理医療機器販売業」の許可が必要となり、機器は「特定保守管理医療機器」として取扱う必要があります。
医療現場にて使用するオートクレーブは、「特定保守管理医療機器」に該当する機種に限られます。また、医療現場以外の一般ラボで使用することも可能ですが、販売と機器の管理は「特定保守管理医療機器」として取扱うことが求められます。

ラボ用オートクレーブ

ラボ用と表記しているオートクレーブは、理化学機器として一般の実験室でお使いください。医療機器ではないので、医療現場で使用することはできません。販売にあたって医薬品医療機器等法(※)に基づく「高度管理医療機器販売業」の許可は必要ありません。


※ 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

よくあるご質問一覧

SUPPORT

お客様サポート

close