お客様の視点から生まれ、50mlと15mlの併用を可能としたミックスバケット&ミックスラック。
スイングローターの利便性と効率性をさらに向上させた卓上多本架遠心機。

ラインアップ

卓上多本架遠心機 LCXシリーズ

用途・目的に合わせて2つの遠心機をご用意。

  • メディカル用LCX-20050mlコニカルを16本遠心できるスイングローターTS-38Cを搭載可能。
  • メディカル用LCX-100搭載できる全てのアングルローターが10,000rpmで遠心可能。お求めやすいベーシックモデル。

メディカル用遠心機とは

メディカル用と表記している遠心機は「一般医療機器(クラスⅠ)」に該当します。医療現場以外の一般ラボで使用することも可能ですが、医療現場では「一般医療機器」に該当する機種に限られます。また、「特定保守管理医療機器」と異なり、販売に際し「医療機器販売業」の許可は必要ありません。

スイングローター搭載一覧

※ アングルローターは、LCX-100/LCX-200対応しております。

  CS-1 TS-4C TS-6C TS-7C TS-33C TS-38C TS-41C
  Max.10,000rpm Max.1,800rpm Max.5,000rpm Max.4,200rpm Max.4,500rpm
LCX-100 2ml対応
10,000rpm
マイクロプレート対応    
LCX-200 ディープウェル
プレート対応

LCXシリーズは幅広いニーズにお応えする頼もしい遠心機です。

01

スイングローターで15mlと50mlを同時に遠心したい!

50ml15mlコニカルチューブ同時に遠心可能です。

  • 7M5015-1
  • 38M-TC0204P

02

採血管は使えるのかな?

様々な真空採血管に対応できるようマルチラックをご用意しています。

3810M-14P

03

低速のスイングローターのほかに、アングルローターも色々なサイズのチューブを遠心したい!

全10種類のアングルローターはマイクロチューブから50mlまで全てのローターがMAX10,000rpmで遠心可能です。

スイングローターは15ml×40本や250mlボトル×4本のほか、幅広く対応しています。

製品の特長

コニカル50ml×8本を10,000rpm遠心可能!

CA-16

コニカル50ml×8本
20,150G 対応

お客様の視点から生まれたアクセサリー

Mix Bucket ミックスバケット &: Mix Rack ミックスラック

ミックスバケット/ミックスラックなら1セットでOK!

同時に遠心可能です。

スイングローターTS-7C用バケット

ミックスバケット

7M5015-1

(50ml×1本 + 15ml×4本)×4箇所

意匠
登録済

ミックスバケットは50mlと15mlチューブを同時遠心が可能です。

  • 50ml
  • 15ml

スイングローターTS-38C用ラック

コニカルチューブ用
ミックスラック

38M-TC0204P

50ml×2本 ×4箇所 or 15ml×4本×4箇所

採血管用ラック

3810M-14P

5~10ml×14本×4箇所

ミックスラック
・50ml×2本×4箇所あるいは
・15ml×4本×4箇所はもちろん
こんな使い方もできます!

  • 50ml
  • 15ml

マイクロチューブから250mlボトルまで

マイクロチューブや浮遊細胞収集、さらには250mlボトルやディープウェルプレート(※1)まで、幅広い遠心処理に対応。
また、バケットキャップキットB433(※2)にてシールド対応できるTS-33Cスイングローターなど、多種多様にご用意しています。

※1 ディープウェルプレートはLCX-200に対応
※2 「バケットキャップキットB433」はオプション。

安全性と作業性の向上

遠心室ドア

遠心室ドアで手を挟んだりするなどの事故を防ぐ「フリーストップ機構」を採用。約30度以下は任意の位置で止められます。
また、電源OFF時もドアの開閉が可能。万一サンプルを取り忘れた場合でも、簡単に取り出すことができます。

フラップ駆動

試料バランスに多少の誤差があっても、安全に遠心処理が行える画期的機構「フラップ駆動方式」を採用。目分量による試料分注を可能にします。(一部ローターを除く)アンバランス許容量を超えた場合、自動的に運転を停止する機構を搭載。

ワンプッシュで
確実にローターを固定

ワンプッシュで素早く確実に固定できるローター固定ツマミを採用しました。(一部ローターを除く)

ローター取り付け時

カチッと音がするまで赤色のボタンを押し込む。

ローター取り外し時

赤色のボタンを押えながらローター固定ツマミを引き抜く。

加速特性は3段階、減速特性は3段階+自然減速

加減速特性を変更することで「浮遊細胞の舞い上がりを抑える」「急激な加速による細胞損傷を抑える」など、試料を効率よく処理することができます。

優れた操作性

1使いやすさで定評のあるジョグダイヤルに、ENTER(入力決定)キーを装備。より確実な設定を可能にしました。

2遠心時は赤、停止時は緑で表示する2色LED表示機能により運転状況が一目でわかります。

※ 写真の操作パネル点灯表示は、実際の使用時とは異なります。

  • 遠心時
  • 停止時

便利なスピンダウン機能を搭載

ワンプッシュで設定した遠心条件まで加速し減速、またはボタンを押している間遠心する、便利な「フラッシュ遠心機能」を搭載。

安全性&利便性の追求

国際規格適合

国際規格IEC61326-1適合EMC(電磁両立性)基準クリア

国際規格IEC61010-2-020適合MCA(最大想定事故)試験クリア

カタログPDFをご覧ください。

※ この書類はPDFです。 ※ Adobe Reader等、PDFを表示するソフトウェアが必要です。
※ お持ちでない場合は、ここをクリックしますと最新のAdobe Readerをダウンロードできます。